2015年9月11日金曜日

Chrome 拡張機能 "Classroom に共有" を使って、同じウェブサイトを学生に送信

本日、Classroom 向けの Classroom に共有と呼ばれる新しい Chrome の拡張機能をローンチします。この拡張機能を使用すると、授業中に教員は、すべての学生に同じウェブサイトを簡単に送信できるようになります。拡張機能をインストールした時点で、教員はウェブサイトを開いた学生に送信し、学生のデバイスでも同様にウェブサイトを開かせることができます。(また、学生が教員にウェブサイトを送信することも可能です。)

Google Apps の管理者は、ドメイン全体にこの拡張機能をインストールし、教員と学生が簡単にスタートできるようにします。お互いにウェブページを送信するため、教員と学生の両方にこの拡張機能をインストールする必要があります。"Classroom に共有" 拡張機能は、Chromebook、Mac、パソコンを含むラップトップ上で機能します。

"Classroom に共有" 拡張機能は、Google Classroom を使用している Google Apps for Education と Google Apps for Nonprofits のお客様のみご利用いただけます。

-
リリースの詳細
リリース方式:
即時リリースと計画的リリースの両方が対象

展開ペース:
完全に展開(機能が表示されるまでに 1〜3 日かかります)

対象:
すべてのユーザー  

対応:
管理者による対応を推奨

より詳しく
ヘルプセンター
Google for Education ブログ