2015年8月27日木曜日

共有設定が無効の場合、Google ドキュメント、スプレッドシート、およびスライドの共有ボタンにマウスを重ねると通知が表示される

7 月に、Google ドライブ、ドキュメント、スプレッドシートおよびスライドにおける共有ダイアログの通知をローンチしました。ユーザーが他のユーザーとファイルを共有しようとしても、ユーザー自身や受信者のドメイン全体の共有設定のため共有できない場合、ユーザーに通知します。ユーザーがファイルのアクセス権を編集できる場合、Google ドキュメント、スプレッドシートおよびスライド ファイルの [共有] ボタンにマウスを重ねると、同様の通知が本日から表示されるようになりました。

共有ダイアログと同様に、次の場合、通知が表示されます:

  • ファイルは共有している従業員のドメイン外部のユーザーと共有しているが、従業員のドメインではドメイン外の共有を無効にしている
  • ファイルは共有している従業員のドメイン外部のユーザーと共有しているが、共有先のユーザーのドメインでは共有を無効にしている、および、または
  • ファイルが [ドメインの全員] オプションのひとつ (例:リンクを知っている domain.com の全員) で共有されているが、共有している従業員のドメイン外では共有や公開が無効になっている

この機能は、7 月のローンチの後にたくさんの要望があってできたものです。また従業員のファイルがどのように共有されているかわかりやすくします。

-
リリースの詳細
リリース方式:
即時リリースと計画的リリースの両方が対象

展開ペース:
完全に展開(機能が表示されるまでに 1〜3 日かかります)

対象:
すべてのユーザー 

対応:
必要に応じてチェンジ マネジメントを推奨

より詳しく
ヘルプセンター