2015年7月22日水曜日

Google ドライブ ファイルのダウンロード、印刷、コピーの機能の無効化


Information Rights Management (IRM) により、Google ドライブを使っているユーザーは、共有の詳細設定メニューからダウンロード、印刷、コピーの機能を無効化できるようになりました。共有しているファイルが、広く共有したくなかったり、漏洩したくない機密情報を含んでいる場合に最適です。 この新しいオプションは、Google ドキュメントで作成されたドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションを含む Google ドライブに保存されているすべてのファイルで利用できます。

この機能を有効にするには、Google ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーション、またはウェブ上のドライブの任意のファイルから共有ダイアログを開き、 右下の隅にある [詳細設定] をクリックします。[コメント権を持つユーザーと閲覧権を持つユーザーのダウンロード、印刷、コピーの機能を無効にします] をクリックし、[変更を保存] をクリックします。 この機能は API でも利用できます。

irm.png

注:
  • この機能は、ファイルのオーナーだけが有効化できます。またウェブ上だけの機能です。
  • この機能を有効にすると、すべてのプラットフォーム上の Google ドライブ、ドキュメント、スプレッドシート、スライドからダウンロード、印刷、コピーの機能が削除されます。.
  • この機能が有効になっている Google ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションは、[ファイル] [編集] メニューの一番上に通知を表示します。

export-disabled.png
詳細についてはヘルプセンターをご覧ください。
-
リリースの詳細
リリース方式:  
即時リリース。2 週間後に計画的リリース

展開ペース: 
完全に展開 (機能が表示されるまでに 1~3 日かかります)

対応:
必要に応じてチェンジ マネジメントを推奨
より詳しく:
ヘルプセンター