2015年7月22日水曜日

アプリ ランチャーのカスタマイズで、よく使用するアプリへのアクセス性を向上

以前にお知らせしたとおり、アプリ ランチャーをカスタマイズして、アプリのアイコンを別の行や別の画面に移動できるようになりました。Google Apps 管理者が従業員向けにアプリ ランチャーをカスタマイズすることはできませんが、ユーザーが各自でアプリ ランチャーを設定して、よく使用するアプリに簡単にアクセスできるようにすることができます。

リリース後しばらくの間、この新機能を説明するメッセージがアプリ ランチャーの上部に表示されるので、従業員にも簡単に周知できます。右上の [x] をクリックすると、今後このメッセージは表示されなくなります。
App Launcher Customization (Plus Promo).png
次の点にご注意ください。
  • 従業員がカスタマイズしたアプリ ランチャーに表示されるアプリを管理者が無効にした場合、そのアプリは引き続き画面に残りますが、グレーで表示され、クリックできません。
  • 管理者が、以前無効にしたアプリを有効にしても、そのアプリは従業員のアプリ ランチャーに自動的には表示されません。アプリに個別にアクセスすると追加できます。
-
リリースの詳細
リリース方式:
即時リリースと計画的リリースの両方が対象

展開ペース:
完全に展開(機能が表示されるまでに 13 日かかります)

対象:
すべてのエンドユーザー

対応:
必要に応じてチェンジ マネジメントを推奨