2014年5月23日金曜日

ユーザー アカウントを保護する本人確認機能

今後数週間のうちに、不正ユーザーからアカウントを保護する機能を導入します。ユーザー名とパスワードが知られていても大丈夫です。現在は、疑わしいログインが検出されると、本人確認のために電話番号の入力を求められます。電話番号を設定していないユーザーには、これから数週間、電話番号を設定するページが表示されます。電話番号の入力をスキップすることはできますが、後日、改めて電話番号の入力を求められることがあります。この電話番号は、疑わしいログインが発生した際の本人確認のために使用します。ユーザーが本人であることを確認すると、アラートは表示されなくなります。

この機能は、2 段階認証プロセスを有効にしていないユーザーが、ログインに SSO を使用せずに、ウェブからログインする場合にのみ影響します。この機能は、今後数週間で徐々に即時リリースと計画的リリースのドメインに展開していきます。

リリース方式: 
早期リリースと計画的リリース

より詳しく:
https://support.google.com/a/answer/6002699?hl=ja