2014年3月24日月曜日

100% 暗号化される HTTPS 接続でメールのセキュリティをさらに強化

今日からは、Gmail でのメール チェックやメール送信時に、暗号化された HTTPS 接続が必ず使用されるようになります。Gmail では提供開始時から HTTPS がサポートされており、2010 年には HTTPS がデフォルトになりました。今回の変更により、公共の WiFi をご使用の場合も、パソコン、携帯電話、タブレットからログインしている場合でも、ユーザーと Gmail サーバーとの間でメールを送受信する際に傍受されることがなくなります。

また、送受信したメールはすべて、内部での移動中にも暗号化されます。このため、ユーザーと Gmail サーバーの間でのメールの移動時だけでなく、Google のデータ センター間での移動時にも、メールの安全が確保されます。


リリース方式:
早期リリース*

ご利用可能なEdition:
Google Apps for Business, Government および Education

より詳しく:
http://googleenterprise.blogspot.com/2014/03/staying-at-forefront-of-email-security.html