2014年1月16日木曜日

Gmail と Google+ でのコミュニケーションがもっと簡単に

今後数日かけて、宛先候補の新機能を展開します。メールを作成するときに宛先候補として、Gmail の連絡先に加え、Google+ の交流相手も表示されるようになります。Google+ の交流相手にメールを送信しない限り、あなたのメール アドレスが相手に表示されることはありません。同様に、相手からメールをもらわない限り、交流相手のメール アドレスを見ることはできません。なお、自分の Google+ サークルに属していないユーザーからこの方法でメールが送られてきた場合、今後その相手からメールを受け取るかどうかは、自分で決めることができます。

ドメイン管理者はこの機能を有効にするかどうかを、管理コンソールの [Google Apps] -> [Gmail の設定] -> [エンドユーザーの設定] に追加される新しい設定で指定できます。この機能を管理コンソールで有効にした場合、ユーザーが自分のサークル外からのメールを受信するかどうかは、Gmail に追加される新しい設定でユーザー本人が指定することになります。[Google+ のすべてのユーザー]、[友だちの友だちサークル]、[あなたのサークル]、[誰にも許可しない] から選ぶことができます。デフォルト設定は [Google+ のすべてのユーザー] となります。


ご利用可能なEdition:
Google Apps for Business, Government および Education

より詳しく:
http://gmailblog.blogspot.co.uk/2014/01/reach-people-you-know-more-easily.html