2013年11月25日月曜日

ハングアウトの管理者による制御とグローバル アドレス一覧のサポート

管理者は、どの従業員にハングアウトのどの機能の使用を許可するかをカスタマイズできるようになりました。ハングアウトのチャット メッセージを社内のみに制限したり、チャット履歴をデフォルトで無効に設定したり、ドメイン内のユーザーが事前に正式な招待状を送信、承諾しなくても互いに連絡できるようにするかどうかを指定したりできます。組織全体でボイス&ビデオチャットを無効にすることもできます。

ハングアウトでは、グローバル アドレス一覧によるオートコンプリートもサポートしています。組織内のユーザーの名前の入力を開始すると、オートコンプリート機能により目的の相手を見つけられます。

ご利用可能なEdition:
Google Apps for Business, Government および Education

より詳しく:
https://support.google.com/a/answer/3094760